Lyrics

Messege of the blowing wind
Erasing memories
Stars are witnesses of our existance

Change is what the world awaits
Could that be peace or war?
The answer no one knows

Trusting the break of dawn
The blue bird flies away
Traveling beyond the bounds
We have to take that step
What are we waiting for? It's now or never

Soon the light may disappear
Nothing is meant to last
Yet we believe our world
Searching for happiness
The blue bird flies away

Song Connections/Remixes

  • Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana is a remix of the song Beyond the Bounds which appeared in ZONE OF THE ENDERS: THE 2nd RUNNER.
  • A long version of Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana can be found on the ANUBIS Zone of the Enders Original Soundtrack album.

Trivia

  • Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana's genre, ANUBIS, is a reference to ANUBIS: ZONE OF THE ENDERS, which is the Japanese title for ZONE OF THE ENDERS: THE 2nd RUNNER.
    • ANUBIS also refers to the main boss of the game.
  • The ZONE OF THE ENDERS' logo can be seen on the banner and the background.
  • In ZONE OF THE ENDERS: The 2nd Runner, Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana appears during a music video extra in the PAL and NTSC-J "Special Edition" versions of the game.
  • Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana marks the first and only appearance of Mitsuto Suzuki in pop'n music.
  • In pop'n music 8 CS, Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix appears uncredited to an artist. This was corrected in the pop'n music 10 AC ♡ CS pop'n music 8 original soundtrack, where it is credited to Sana.
    • On the pop'n music SUPER BEST BOX compilation album, Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix is credited to Scott Dolph&Sana instead.
  • Beyond the Bounds Mitsuto Suzuki 020203 Mix feat.Sana's charts were made by Eiichi Kitsukawa.

Music Comment

Untranslated.

Song Production Information[1]

Sana

私が今日、こうして歌っているのは、この曲の作曲者である桐岡さん(以下、マッキー)の お陰と言っても過言ではないでしょう。 彼女に誘われて作ったデモテープがきっかけとなり、私の歌の世界が広がり始めました。 それらのデモテープで歌ったマッキーの作品は十数曲あるかなぁ。もちろん未発表だけど、 素敵な作品がたくさんあるので、何かの機会に発表できたらいいなぁって思います。 さてさて、ANUBISのREMIX、いかがでしたか?原曲では映画音楽のような壮大なアレンジだったのが、 REMIXでクールなテクノに生まれ変わりました。それをpop'n用として1分半にまとめるのにはかなり苦労されたようです。う~ん、もうちょっと長さが欲しいところだけど、許してね。 このテの曲ってpop'nでは珍しいと思うので、たまにはこんなのもいいでしょ? 原曲のとおりついついドラマティックに歌いたくなるところを、このアレンジにしっくり合うように至って淡々と歌ってます。また、本編のゲームでは、欧州版に使われるということで、イギリス英語の発音指導の元に歌ったのも初めての経験で良い経験になりました。原曲とは似ても似つかないので、聞き比べてみると面白いかもよ。

Maki Kirioka

原曲はPS2専用ソフト、ハイスピード・ロボット・アクション「アヌビス ZONE OF THE ENDERS」 のテーマソング。そして鈴木光人氏によるこのリミックスバージョンは、ヨーロッパ版「アヌビス」の オープニングテーマです。 このバージョンはSanaさんをボーカルに起用する事で「より幅広い層に“アヌビス”を知ってもらおう」
という企画の下制作しました。そして「ポップン8」への収録という機会にも恵まれ、 皆様に楽しんでもらう事が出来大変感激しております。

Sanaさんとは「Z.O.E」や「ときめきメモリアルドラマシリーズ」で一緒に作詞を手懸けてきたのですが、 今までそうした曲を“Sanaボーカル”として一度も世に出した事がありませんでした。 それが今回初めて実現出来たので、そういった意味でもとても思い入れがある曲です。

この曲で“ロボット声”になっているSanaさんの声は、原曲で“タタミカケル呪文”のような ボーカルの歌詞をそのままつぶやいてもらっています。 聞き比べてみるとちゃんと同じコトバを唱えているのが分かると思います。 (「アヌビス」のサントラにはこの曲のロングバージョンと原曲が収録してありますので ぜひ聴き比べてみてください。)

これをきっかけに「アヌビス」というまた違うジャンルのゲームも興味を持って頂けると幸いです。
[アヌビスアドレス]
http://www.konami.jp/gs/game/zoe2/japanese/

HayaP

この曲は「アヌビス」のテーマ曲のリミックスバージョンです。 リミックスされたのは、エレクトロポップユニット「オーバーロケット」の メンバーであり、ソロでも作曲家・アレンジャーとしても活躍されている 鈴木光人さんです。 初めてこの曲を聴いた時に、音の使い方のセンスが抜群なので、 「さすが光人さん!」と思わず唸ってしまいました(笑) 実は光人さんとは以前一度飲みに行った事があり面識はあったのですが、 彼の完璧な音世界に手を入れるのは流石に緊張しました。 元曲が5分以上あったのでゲームとしては長すぎる為、短くする事を 余儀なくされたのですが、予め起承転結を考えて緩急自在に リミックスされていたので、普通に短くして一部分だけ使用するとなると 「スピード感」の様なものが完全に損なわれてしまい非常に苦労しました。 従って何パターンも作って、社内評価の末、このゲームアレンジに行き着いた次第です。 無機的なビートの中に有機的要素を見いだして興奮すること間違いなしです。

PAPEHINA

プレッシャー大でした。 アヌビスのテーマ曲(今回はアレンジバージョンです)、 Sana-modeというアルバムで私のオキニイリの曲のアレンジをされている方という、 ダブルプレッシャーでした! この曲は、サウンドとして、またもや仕様ギリギリを超えた(?) ようなギリギリを行っています…。意味不明ですいません。 あと、EX譜面のレベルは、あの数字を狙って作ったわけではありません。 あしからず。 私のアヌビスの腕前は、「街の被害の大半は、あなたのせいです。」 と言われてしまう位、上手くないのですが、 前作よりも、心を持った(?)ADA(エイダ)がお気に入りです。

Difficulty & Notecounts[2]

Game Standard Battle
5 N H EX N H
Notecounts 275 434 799 1108 608 710
Pop'n Music 8 CS 9 19 28 37 23 29

References

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.